人気ブログランキング |

ワーホリ生活 Australia編 ~Melbourneでの運命的な出会い~  

朝5時半時に起き、用意し、Central Stationまでちょっと距離があったけど、重い荷物を引きずりながら歩いて行きました。7時半、いよいよ待ちに待った憧れの地Melbourneに向けてバスが出発しました。
a0042271_1492880.jpg最初の休憩所にこんなにもでっかい羊がいて、おもわずパシャリ!
バスの中で涙をボロボロと流しながらロードオブザリングとケラケラ笑いながらラッシュアワ―Ⅱを見ました。
そして12時間後にようやく到着。30分かけてバッパーに着き、レセプションでCheck-inしようと思ったら、前日に1週間予約したのに予約表に名前がない・・・(*_*)
しかも「土曜日までしか部屋が空いてないんだよね・・・。」
と言われ、その日は水曜日。
向こうも困ってて「明日電話取った人に聞いてみるけど、どうする?」と言われ、でもまぁどうしようもないから、とりあえず4日間泊まることにしました。
部屋に入ったらそこは4人部屋。ちょっとしたら同じ部屋のおじさんが入ってきました。名前は・・・忘れちゃった(^_^;)この日はおじさんと2人だけでした。
その後、ケアンズにいる友達から電話がかかってきました。
「60’sで一緒に住んでいたあつしくんが、飛行機でケアンズからメルボルンに来るらしく、日本に帰国した子が手紙を送ってくれたみたいで、私の分を持ってきてくれる。」という内容でした。
また逢えるなんて思ってなかったから凄く嬉しい電話でした。
この日はおじさんも早々と寝てるし、私も10時過ぎに寝ました(-。-)y-゜゜゜
 次の朝、7時30過ぎに部屋に新しい人が入ってきて目覚めました。その子が英語で話しかけてきてレセプションで毛布を借りに行って戻ってきた時、「日本人ですか?」と、日本語で聞かれ「えっ!?日本人だったんだぁ!」って言ったら彼女は韓国人でした。
名前はウンジュa0042271_1485567.jpg。年齢はひとつ下。ウンジュは日本のアニメに興味を持ち、そこから独学で日本語を覚えたそうです。
彼女と意気投合して朝食も一緒に食べ、その後街にも一緒に出掛けました。
違和感なく話せるぐらい彼女の日本語力はすばらしいですよ!!ウンジュが日本語を話したいというのもあったし、それに甘えてずっと日本語で話していました。
そうそう、ウンジュもケアンズでは、私が2週間ぐらいいたバッパーのGirl’sに泊まっていて、しかもいた時期は違うけど同じ部屋だったんです。それにはビックリでした。

この出会いをきっかけにウンジュとは未だに仲が良く、去年ワーホリで東京に住んでた時も泊まりで遊びに行ったりして、運命的な出会いをした日でした。

by saladman | 2009-11-18 01:56 | のもちゃんの時間 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://saladman.exblog.jp/tb/9262947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 知らぬ知らぬ間に まだ落ち着かないですが状況は変... >>