人気ブログランキング |

カテゴリ:のもちゃんの時間( 224 )

Taiwan&Viet nam奇跡の旅  ~Hanoi 3日目    世界遺産ハロン湾 後半~

30分ぐらいカヤックグループを待った後、裏側に周り、今度はケープを見に行きました。
階段を登らないといけないのですが、年配のおばあさん達もいてちょと辛そうでした。
外は暑かったのですが、ケープの中に入った途端に涼しくなりました。
そして一気に別世界!ライトアップもされていてすごく綺麗でしたよ。ゾウやライオン、龍の顔に見えるものなどもありみんな感動してました。
a0042271_2224894.jpg
a0042271_22242982.jpg
a0042271_22264120.jpg見終わった時点ですでに4時半。そこから港まで30分。8時から8時30分までにsapa行きの迎えが来るんだけど、間に合うのかどうかすごく心配でした。
案の定、8時を過ぎてもまだ高速みたいなところを走っている。なのでガイドさんに説明していたらホテルと連絡を取ってくれて、「列車の出発時刻が9時50分だから心配しなくても大丈夫だよ。」と言ってくれてちょっと一安心。
ハノイに着いたのが8時半を過ぎていました。ちょうどホアンキエム湖の前だったのでgiangに帰りの列車の正確な到着時刻を伝えようと寄ってみたら運良くいて、私を見るなり慌てて立ち上がって「どうしたの?」となぜかすごくあせってました。
「今ちょうどハロン湾から帰ってきて、すぐにsapaに行かないといけないんだけど、時間だけ伝えようと思って。」
「今から駅に行くの?」
「ホテルに迎えが来るからホテルに戻るよ。」
と言うと、
彼は慌てて「行こう。」と言って一緒に歩き出しました。
「ん!?何で一緒に行くんだろう?」と思っていたら、近くにいた女の子にキーを借りてて、バイクを出そうとしている。
「えっ!いいよ。すぐそこだから歩いていくから。」って言ったんだけど、
「いいから、乗って。」と言って乗せてってくれました。
レセプションの人もすぐにツアーの人に連絡を取ってくれて「すぐ来てくれるから待っててね。」
しかしこの後もやばい展開が待っていました。

by saladman | 2010-06-30 22:32 | のもちゃんの時間 | Trackback | Comments(0)

Taiwan&Viet nam奇跡の旅  ~Hanoi 3日目   世界遺産ハロン湾 前半~

世界遺産のハロン湾1Day Tourの日。朝、携帯のアラームで6時半に起き、用意をしていてふと部屋の時計を見たら5時!!「はっ!?何で!?」
携帯だけは日本時間にしたままで、時差がー2時間あるのをすっかり忘れてセットしてしまっていたのです(^_^;)。ちょっと寝なおし、check outしてバスが来るのを待っていたらレセプションの女性が「出発まで30分あるから朝食食べてきてもいいよ。」と言うので、近くにある気になっていたa0042271_0434287.jpgDO CO (doughnut&coffee)というドーナツ屋に入ってみました。まだ2,3種類しか並んでなくて、チョコ&ピーナッツのドーナツ(3,000VND)とカプチーノ(22,000VND)を注文。朝から甘すぎかなぁって思ったけど、甘さ控えめでしかも生地もすごく美味しいし、カプチーノも美味しい~(●^o^●)
日本にこのドーナツ屋入ってこないかなぁ。
食べ歩きしながら急いでホテルに戻ったら、予定より早くバスが来たらしいのですが、他をpick upしてから戻ってきてもらえるようにしてくれたそうです。
入り口に女の子が2人いて話しかけたら、ドイツ人で一緒のツアーに行く子でした。
しばらくしてバスが来て、走りながら説明を受け1時間ほどしたところで休憩。私はバスに乗って5分ぐらいで気分が悪くなり、薬を飲んで寝てました。後ろに座ってた家族の人が「この子ずっと寝てるね。疲れてるのかなぁ。」って話しているのが聞こえたけど「違うんだけど・・・。」と思いながらも説明をする気力もなかったので、知らない振りして寝てました。
a0042271_0442662.jpgそしてハロン湾の港に到着。船のチケット売り場付近は観光客であふれかえっていました。そして船に乗り込み、いよいよハロン湾へ向けて出発です。
a0042271_045117.jpg




天気も快晴で遠くに見えるハロン湾も幻想的に見えすごく綺麗でした。1時間半ほどクルージングを楽しみ、その後船が止まり海の上で魚介類を売って生活をしているところを見学した後、船内で昼食。途中外から小船に乗った人がフルーツを売りによってきました。
ランチはいろいろ出てきたのですが、本調子じゃなかったのでほとんど食べれなくて残念でした(;_;)。
その後、シーカヤックができたのですが、着替えのことをすっかり忘れていて持て行かなかったので諦めました。
3つの船が一緒に止まっていたのですが、隣の船に日本人の男の子2人がいて、1人が明らかにEXILEのHIROを意識している感じで、へアースタイルもメガネも一緒で横顔はHIROっぽいんですが、正面から見ると残念ながらキャイーンの天野なんですよねぇ。
あえて、声かけるのはやめましたけどね・・・。
カヤックをやらない人たちも半分ぐらいはいて、その人たちと話をして過ごしていました。
a0042271_045542.jpg
a0042271_0462142.jpg
a0042271_0471556.jpg
a0042271_047473.jpg









a0042271_0535577.jpg
a0042271_0481996.jpg

by saladman | 2010-06-17 01:09 | のもちゃんの時間 | Trackback | Comments(2)

Taiwan&Viet nam奇跡の旅  ~Hanoi 2日目   水上人形劇~

夕食を終えた後、話をしていて私が「ベトナムの女の子って本当にかわいいよね~(*^_^*)。」とgiangに言うと彼は、その場に昼間私を助けてくれようとした女の子がいて、その子を見て“そうなのかなぁ?”というような顔をしながらも「・・・うん・・・。」と微妙な反応・・・。
彼女はかわいいというより綺麗な子でしたけどね。
きっとそのレベルが普通になってるからそう思わないんだろうなぁ。その会話を聞いていたその女の子は嬉しそうに照れてましたけどね。
そしてそれからgiangとカフェに行きました。帰りに空港までタクシーを使おうと思っていたので、どうせなら彼に送っててもらおうと思い、頼んだら快く引く受けてくれました。
でも私がsapaから戻ってくるのが帰国日の早朝5時。空港には9時半頃着けばいいから8時頃でいいよって言ったけど、電車の到着時間に合わせて迎えにいくよって言ってくれました。
a0042271_7142394.jpgその後私は1時間ほどハノイでの最後の買い物をし、水上人形劇を見に行きました。
席はほぼ満席。最初に楽器の演奏を聞き、いよいよ人形たちの登場。
幕の後ろで人が人形を操っているのですが、途中で泳ぐシーンがあり、関節が曲がらないのでその泳ぎ方が面白くて唯一笑いが起こってました。
一番の見せ所は龍が火を噴くところ。
a0042271_723410.jpg
伝統芸なので思っている以上に操作は難しいんでしょうが、正直イマイチ面白くなく(^_^;)、他に用事があったのかもしれませんが途中で帰ってしまう人も数人いました。
a0042271_721063.jpg



でもまぁ、それも観てみないと分からなかったことなので、観ておいても損はなかったかな。
劇場は湖の目の前だったので、もう10時半を過ぎていたけどみんないるかなと思い、寄ってみたのですが、知っているのはおばちゃんとhurryだけでした。おばちゃんは私を見つけた時、嬉しそうに手を振ってくれたのがすごく嬉しかったです。
5分ほどいて私はホテルへと戻っていきました。

by saladman | 2010-06-03 07:25 | のもちゃんの時間 | Trackback | Comments(0)

Taiwan&Viet nam奇跡の旅  ~Hanoi 2日目   市内観光2~

ホアンキエム湖に着いてhurryは「5時間だから1,500,000ドン払って。」と言う。
「は!?じゃあ、ドルならいくら?」「・・56ドル。」
「えっ、何で!?しかも最初の銀行の時間入れても4時間半弱で5時間も経ってないし。何言ってんの、この人<`ヘ´>!!」と思い、
時間も値段も納得できないことを言いかけたら、「とりあえずお茶飲もう。」と言って、
前日のおばちゃんがいるところへ行きました。そしてお茶を飲みながら値段の話になり、私達が揉めているのをその中にいた英語が話せる女の子が私を助けようとhurryに金額の確認をしてくれたけど、結局40ドルと400,000ドン払いました。
これが本に載ってたタクシーとの揉め事だったんだぁ。最初にしかっり交渉しなかった私が悪かったと反省・・・。
a0042271_10505995.jpgその後、前日会った彼(=giang)がいて話していたらhurryは語学学校へ行くと言うので、もう逢えないかもしれないから一応写真撮っとこうと思って「じゃあ、一緒に写真撮ろうよ。」って言ったら「先にバイク持ってくる。」って言いつつ全く戻ってこなかった。別にいいけどね。
a0042271_10521070.jpgそしてgiangもドライバーをしていてドン・スアン市場へ連れっててもらうことにしました。値段は最初に値段提示させてくれて、交渉の末私の言った値で成立。
着いて私は1人で行こうとしたらgiangはバイクを駐車場に止めて一緒に来てちょっとびっくりしました。ここは2階建ての大きな市場でたくさんの店がぎっしりと入っています。一緒にいろいろと見てて、私がsapaへ行くのを知っていたgiangは「羽織るもの持ってる?」「これだけ。」と着ていた薄手のパーカーを指したら、
a0042271_10534120.jpg「sapaは今寒いからジャケット買った方がいいよ。山道も湿ってるところが多いから靴も濡れないのを持っていったほうがいいよ。」と教えてくれたのでジャケット&靴探しをしました。市場の中ではなかなかいいのが見つからず、いいなぁと思うと思ったより高いし。そこを出る前にベトナムコーヒーをお土産用に購入。
「もっと安い店に連れてってあげる。」と歩いてすぐの地元の人が行く問屋街に連れてってくれました。ジョギング用にも使えると思いadidasのジャージを上下セットで買いました。でもドンの手持ちが足りなくてgiangが貸してくれました。
銀行に寄ってもらってから次は靴の問屋へ。これまた地元の人しかいないようなところに連れてってくれて、スニーカーを選んだら「これは本物じゃないからよくない。」とか言って却下され(;一_一)、他の店で彼が選んでくれた靴がデザインも変わっててかわいくてそれを買いました。その店にジーンズが売ってて、彼は気に入ったのがあって「僕に1分だけ時間くれる?」と言って試着してました。
いつの間にか2人でショッピングを楽しんじゃってました。
ビジネスワーク派のhurryとは真逆で私のこと考えてアドバイスしてくれるgiang。他の観光客はどう思うか分からないけど、私はgiangのやり方のほうがいいなぁと思いました。
giangに「彼氏はいるの?」と聞かれ「いないよ。giangは?」「いないよ。僕はお金がないから。」
彼女を作ることとお金があるないは関係ないのに、なんでそんなこと気にしてるんだろう。と思ったけどさすがにそれ以上は聞けませんでした。
すっかり予定の時間より1時間もオーバーして湖に戻りました。
戻って彼はすぐに買ったジーンズをみんなに嬉しそうに見せていました。よっぽど気に入ったんだろうなぁ。Hurryも戻ってきていて私の靴を見て
「僕のために買ってきてくれたの?」冗談って分かってたけど「NO~!!」
a0042271_105489.jpgそしてgiangに「お腹すいてる?」と聞かれ、そー言えば朝からバタバタで何も食べてないのを忘れてて「うん。」と言ったらデリバリーでべトナム料理を頼んでくれました。
私はお金を払おうとしたら「安いからいいよ。僕が払うから。」とおごってくれました。優し~い。なのに、その横でhurryは当たり前のように何も言わず食べてるのがすごく不思議でした。
ベトナム料理は豆腐、高菜、鶏肉がご飯の上に乗っていて和食のような感じで美味しかったです。おごってもらったのに申し訳ないなと思いつつ、多すぎて残しちゃいました。

by saladman | 2010-05-24 11:07 | のもちゃんの時間 | Trackback | Comments(0)

Taiwan&Viet nam奇跡の旅  ~Hanoi 2日目   市内観光~

a0042271_9332335.jpgツアーの申し込みも終わり、30分遅れでHurryと市内観光へ出かけました。 
まずは文廟。Hurryは私を降ろし「僕はここで待ってるから。」
ということで、中には1人で入っていきました。
入場料を払い中に入ると綺麗な庭。ツアーガイド付のグループがいたので、何気なく近くにいて聞いてました(^_^;)。
a0042271_9335517.jpg
a0042271_9341451.jpg
a0042271_9343754.jpg




a0042271_9344973.jpg
a0042271_935346.jpg

a0042271_9365039.jpgそしてホーチミン博物館へ行きました。入り口にはホーチミンさんがお出迎え。ベトナムに来るまでホーチミンという街の名前が人の名前だったことを知りませんでした。しかもお札に載っているのもホーチミンさんだったとは・・・。
ベトナムに興味あったわりに、そのあたりはスルーしてて全然調べてなかったですね。
この博物館内で私が一番気に入ったのは、この不思議なバランスのテーブルセットです。
a0042271_9395911.jpg
a0042271_940132.jpg
a0042271_9403267.jpg
a0042271_9413155.jpgそしてすぐ横にホーチミン廟があり、そこはHurryも一緒に来ました。ちょうど私が滞在している時にオバマ大統領もハノイに来ていて、その日の夜にホーチミン廟に来ると聞いて、「オバマ、見てみたい!」って思ったけど、夜は水上人形劇のチケット買っちゃったから無理・・・(;_; ちょっと残念。
そーいえば移動中にパトカーが何台かいて、道を空けさせて真ん中に黒い大きな高級車が走ってて「きっと大物が載ってるんだろうなぁ。」って思ってたんだけど、あの車にはオバマ大統領が乗っていたんでしょうね。
そしてさっきとは違う博物館に行きました。昔のベトナムを再現したものが多いのですが、日本に似てるなぁと感じました。
a0042271_10115613.jpg
a0042271_10122281.jpg

a0042271_10125337.jpg
a0042271_10154917.jpgそして有名なロンビエン橋を渡り、バッチャンという陶器で有名な村へ向いました。
堤防を走っていくのですが、街中とは全然風景が変わりのんびりとした田舎で、脇に牛がいたり、中には馬車を走らせている人もいました。2,30分ほどで着き、「僕はこの先で待ってるからゆっくり見てていいよ。」と降ろされました。
道の両脇はほとんどが陶器の店ばかり。私は何よりもこれに驚きました。
「何、この大きすぎる花瓶は!?」
a0042271_10171580.jpg
a0042271_10173230.jpg
2,3軒覗いたけどどこも同じ様な感じだったので他は覗かず歩いていったら、hurryがお茶飲んでておごってくれました。実は3月の終わりにもHanoiへ行き、その時に知ったのですが、私がこの時連れてきてもらったところはちょと高いところだったらしく、そこからすぐのところに市場があり、そこの方が全然安かったです。
a0042271_10182796.jpg15分ぐらいの滞在でまたHanoiへ戻り「どこか行きたい所ある?」と聞かれ、ガイドブックに一番美しい湖と書いてあるので「ホータイに行きたい。」と言って連れてってもらいました。
大きくて本当に綺麗な湖で何があるってわけでもないし、水が綺麗なわけでもないんだけど、天気が良かったからか湖がキラキラしてて、なぜか分からないけど、不思議な魅力に吸い込まれるかのようにずっとボーっと見ていたくなる。そんな湖です★釣りをしている人も多かったです。
a0042271_10191341.jpgそこでこんな塔を発見しました。後で調べたらチャンクオック寺という有名な場所でした。
名残惜しみながら最後にホアロー収容所へ行きました。リアルな感じで人が作ってあり、通るのがちょっと気持ち悪かったです。そして2:30PM前にホアンキエム湖へと戻ってきました。この後すぐに最悪な事が起こりました。
a0042271_10194794.jpga0042271_1020938.jpg 

by saladman | 2010-05-12 10:25 | のもちゃんの時間 | Trackback | Comments(0)

Taiwan&Viet nam奇跡の旅  ~Hanoi 2日目   ツアーの申し込み~

朝Hurryが迎えに来る前にハロン湾の1Day Tourを申し込もうとレセプションへ降りました。
昼食なしだと$20、付きで$25。私は食事付きで申し込みました。こんな値段で行けるなんてびっくりです!ガイドブックに書いてあったのは、日本語のガイド付きで$90。
内容は同じなのに(゜o゜;)・・・・。
前日の夜Hurryとは別の物売りの子が「sapa」という村のポストカードを見せてくれて
「ここは一番のお勧めの場所。」と教えてくれました。確かに興味をそそる風景で、それからなんとなくsapaが気になっていたので、ついでに聞いてみました。
「ハロン湾から帰ってくるのが夜7時。Sapa Tourの迎えが来るのが8時~8時半で帰りは3日後の早朝だから、帰国日だけど時間的には大丈夫だから行けるよ。」
と言われ究極の選択。
sapaに行ったらhanoiで私が調べたいことが全然出来なくなるから迷ったけど、sapaがどうしても気になるので申し込むことにしました。
値段もお手ごろで$83。T/Cで払おうとしたら
「両替が大変だから銀行で換えてきてもらえる?」と言われ、銀行へ向いかけたのですが途中でパスポートを忘れたのに気づき、辛い螺旋階段を登り部屋まで行きかばんを開けたけど見当たらない・・・。
「えっ、何で無いの!?」とあせってたら、check inの時にレセプションに預けたのを思い出し、また下まで降りていってパスポートを受け取ったら、
「友達迎えに来てるよ。」とHurryが来てしまったので
事情を話しちょっと待ってもらおうとしたら
「銀行まで乗せてってあげるよ。」と言ってくれたので乗せてってもらいました。
銀行の外に両替所があり、そこでやってもらっていたのですが、1枚1枚の番号確認にすごく時間がかかり、2,30分待たされて要約現金を受け取れてましたが大変でした。
べトナムへ行く時はT/Cは不便なのでやめておいた方がいいですよ。
そしてすぐにホテルへ戻ったらsapaのホテルは3つ星ホテルのようなのですが
「部屋が空いてなく友達がそのホテルで働いていて、$3高くなるけどグレードアップした部屋を用意できるけどいいかなぁ?」と言われ全然OK!!
$3アップでそんな部屋に泊まれるなんて逆にラッキ~ですよねぇ!
支払いも済み、予定よりも30分遅れで市内観光へ出かけました。
それにしても相変わらず予定外のことをしてしまうので、今回はゆっくりHanoiを堪能するはずが急遽ドタバタの強行スケジュールになってしまいました。
水上人形劇もこの日の夜にしておいてよかったぁ~。他の日だったら見れないところでした。

by saladman | 2010-04-27 11:43 | のもちゃんの時間 | Trackback | Comments(0)

Taiwan&Viet nam奇跡の旅  ~Hanoi初日 後半②迷子~

私は分からないベトナム語を聞きながら一緒になって戯れていました。するとHurryが
「明日10時にホテルへ迎えに行くね。」と勝手に市内観光することになってるぅ~。
「まぁ、いいっか。」と思い、私はOKしました。
その後私は、面白いかどうか分からないけど、人形劇を見に行きました。
でもチケット売り場には
「今日の分は売り切れ。明日の分を購入してください。」と張り紙が。
建物内にいた係りの人に聞いたら「30分後に買えるから。」と言われ、
その時やっていた公演が終了後チケット売り場が開きました。
チケットがかなり完売していて翌日分は夜9:15しかなく、その後の日だと予定もどうなるか分からないから、その時間を購入しました。

そしてまたイベントをしていた公園に行き、いろんなショーを見ていました。ありがちですが、
でっかい蛇が出てきたのは怖いし、気持ち悪かったです(*_*;
まだ続いていましたが、9時半頃ホテルへ戻ることにしました。
a0042271_1155946.jpgよく似た道ばかりで、ホテルを出る時も迷わないようにと思って歩いていた道は実はかなり遠回りをしていて、案の定帰り道が分からなくなってしまいました。
ホテルでもらった名刺を持っていたので、人に聞いて
やっと帰れると思って歩いていたら韓国人の旅行者に道を訪ねられました。
ガイドブックを広げて二人で見ていたら、日本人の男の子が来て、二人はちょうど着いたばかりだったようです。日本人の子はすぐそばの店の人に聞いて道が分かったらしく、二人は私とは反対方向へと歩いていきました。
a0042271_1164239.jpg
その後すぐにバイカーの人に声をかけられ、道があっているか聞いたら反対方向だと言われ、また戻っていき、でも明らかに番地が離れていくので、近くにいた若者に聞いたら反対だと言われ
「またぁ~もう嫌だぁ~~
いつになったら帰れるの(~_~;)・・・」
とブルーになりながら戻っていったら、
さっき男の子達が聞いてた店の前を何度も通っていたので、そこの人達が心配して
「どこいくの?」と声をかけてきました。
歩き疲れた私は「疲れたぁ~。ちょっと座っていい?」「いいよ。」
そして道に迷って歩き続けていることを話し、住所を見せたら
「道が1本違うかも!?乗せてってあげるよ。」と言うので
「いくら?」「いいよ。いらないから。」「ほんと~!ありがとう!!」
a0042271_1182164.jpgホテルは5分もしないところにありました。おじさんはすぐに帰ろうとしたので、お礼にお金だと受け取らなさそうだし、かえって失礼になるかも(!?)と思いかばんを探ったら、日本から持ってきたあられが入っていたので、何もいらないと言われたのですが受け取ってもらいました。
そしてちゃっかり写真まで。ちょっと照れてましたけどね。
見た目はちょっと怖そうだけど、とっても優しい紳士なおじさんでした。
部屋に着いたのは11時半頃でした。最短距離だと公園からは
10分ぐらいな所だったんですけどねぇ(^_^;)
本当に歩き疲れました。

by saladman | 2010-04-17 01:24 | のもちゃんの時間 | Trackback | Comments(0)

Taiwan&Viet nam奇跡の旅  ~Hanoi初日 後半①奇跡の瞬間~

a0042271_0361740.jpg休憩した後、ちょうどお腹もすいてきたところにパン屋を見つけました。どれも美味しそうで迷いまくり。
中身が見えなくて気になったものがあり、店員さんに聞いたら
「Beans.」と言われ「Red beans?」「Yes.」
「ここでも小豆が食べれるんだぁ。どんな味なんだろう?」
と好奇心でそれを買ってみました。
写真はアップで撮ったので大きそうですが、実際は普通サイズです。
a0042271_037034.jpg小豆だと思って食べたら、中は黄色い餡でした。
定員さん「Yes.」じゃないし・・・。でもすごく美味しくてペロリと食べてしまいました(^~^)!
お腹も満たされうろうろ歩いていたら、湖前に大きな公園があり、そこから何か大きな音が聞こえてきました。
「何してるんだろう?」と思い、公園内に入ってみるとたまたまイベントをやっていました。若い男の子達がダンス対決をしていて、すごい人集りでした。ダンスのことはよく分からないけどかなり高レベルだったと思います。
a0042271_0441643.jpg
a0042271_094932.jpg
a0042271_0102938.jpgその後、横にあるステージ上ではピエロのパフォーマンス、歌、手品などいろいろな人が順番に披露していました。
メインステージが一旦終了し、そのそばで蝋人形のように動かない人たちがいたのですが、左の男性は途中でむせてましたよ。さすがに「やばい・・・!」って顔してましたけどね。
そして一旦その場を離れ湖沿いのベンチに座っていたら、物売りの男の人が声をかけてきました。
彼の名はhurry。最初はポストカードとかを見せてきて、見るだけ見て「ごめん、いらない。」って断ったら、「市内観光もしてるけどどう?」って言うから試しに値段だけ聞いたら
3時間で1,000,000ドン。約5千円。「じゃあ、ドルならいくら?」とっさに計算したんだろうけどなぜか彼は「$30」と言う。計算間違ってるじゃん(^_^;)
実際どれくらいのものか分からないけど、ドンの額は確実に吹っかけてる。でもドルならそんなに高すぎることは無いかな?まぁ予定もないし、ちょっと話した感じではそんなに悪い人じゃなさそうだしなぁ、とは思ったけど、はっきりOKはしませんでした。
a0042271_038781.jpgその後もちょっと話していたら、「お茶でも飲む?」と言ってすぐそばにいた友達(!?)のところに連れてってくれました。
その時そこには、女の子2人男の子1人おばちゃん1人がいました。おばちゃんはそこで飲み物を売っているようでそこにみんなたむろってる感じでした。
そこにいた男の子が私を見た瞬間に「Hello!!」と握手をしてくれました。
握手をした瞬間、言葉ではなんと言えばいいのか分かりませんが、私の中で何かを感じました。
その時は気のせいかと思ったのですが、それはまさに奇跡が起こった瞬間で、私たちはこの短い旅の中でお互いに惹かれ合い、彼は今の私の彼氏です(*^_^*)

ベトナムもハノイかホーチミンか迷っていたので、ホーチミンに行っていたら会わなかったし、
Hurryのことも無視してたら会うことはなかったので、たまたま偶然が重なって出逢えたのか?それとも台北でのお参りが効いたのか?は分かりません。
でも1日で効果が出たのならすごいですよね。
恋愛運、家庭運を求めている方、是非台北へ足を運んで効果を試してみてくださいね(^_-)-☆。

by saladman | 2010-04-09 00:52 | のもちゃんの時間 | Trackback | Comments(0)

Taiwan&Viet nam奇跡の旅  ~Hanoi初日 前半~

朝5:45分にバッパーを出てバス乗り場へ行き、丁度バスも止まっていて10分後に出発し、
空港へ向いました。
第1ターミナルで降りないといけなかったのに、間違えて第2ターミナルで降りてしまってメッチャ歩きました。ちょうどいい時間に搭乗口に着き、しばらくしてすぐに機内へ。
席に着くなり爆睡。9:00にふと目が覚め、雲の上かと思いきやまだ空港。8:35発のはずなのにまだ出発していない。何かトラブルか!?
でもあまりにも眠すぎてどうでもよくなり再び爆睡。9:30頃やっと飛び立ちました。
3時間後ハノイに到着。インドの時同様、私は気を引き締めてロビーへ出て行きました。
「taxi」って声をかけてくるけど「No」って言うとそれ以上しつこく言ってこない。
「な~んだ。大したことないじゃん!」
まずはその場で少し両替をし、インフォメーションで泊まる予定のところに予約してもらえるか聞いたらやってくれるというのでお願いしました。
その時期はちょっと高くて$23。「ちょっと高いなぁ。」って言ったら、
「もっと場所も便利で$20のところがあるよ。2泊以上するなら$19にしてもらえるように聞いてみるけど。」
と言われそこに予約してもらうことにしました。
ついでにタクシーもお願いしたら$18って言われたけど「安くして(^_-)-☆」
って言ったら$17にしてくれた。言ってみるもんですね。
先払いしているのでそれ以上とられることはないので、こうして難問だった空港から市内までは難なくクリア。
a0042271_11535183.jpg
a0042271_11543375.jpg
a0042271_11545374.jpg


待ちに待ったベトナム。どんどんテンションも上がっていく。アジアの空気&活気が懐かしい。
1時間ほどでホテルに着き、すぐに部屋へ。303号室だけど一段上がってから1階になるので4階まで行かないといけない。しかも階段しかなく、飛行機とタクシー酔いをしているうえにその階段で部屋に入ってすぐベッドに倒れこみ、2時間ほど動けませんでした。

a0042271_1156054.jpg
a0042271_11564456.jpg

ちょっと良くなり、薬を飲みたかったので水を買いに外へ出ました。出てすぐにアジアン雑貨の店があり、すごくかわいいくて気分悪かったのもすっかり忘れてしまうほどテンションup♪
a0042271_1285055.jpg
a0042271_1294362.jpg
a0042271_12101661.jpg
a0042271_1211317.jpg
街並みを見ながら歩いてたらホアンキエム湖に着きました。すごく綺麗な湖。
散歩している人、ランニングしている人、読書している人、おしゃべりしている人などここにはたくさんの観光客や現地の人々が集まっていました。
見る光景すべてがすごく素敵で刺激的でハノイ最高!湖沿いを半周してちょっと違う道にそれたらHilton発見。さすがですね。高級感漂う感じは世界共通。
すぐ目の前にある公園でちょっと休憩しました。
難関だと思っていた空港から市街へ出るのも安全にクリアしたし、歩いてても治安の悪さを感じない。
a0042271_12162239.jpgそれどころか私の心は
「ベトナムに住みたい。帰りたくない。」と1時間ぐらいしか経っていないのに、
ベトナムの空気にすっかり馴染んでいました。
そこから見上げた空を見て「きっとこの空に会いに、ここへまた戻ってくる。」
そんな直感がしました。

by saladman | 2010-04-01 12:28 | のもちゃんの時間 | Trackback | Comments(0)

Taiwan&Viet nam奇跡の旅  ~繁華街~

a0042271_232563.jpgすでに6時半ぐらいになっていたので、まずは台北駅前の繁華街に行きました。
すごい人盛り。このあたりにも日本の企業や見慣れた名前はいっぱいでした。
飲食はもちろんのこと、ダイソーや三越までありました。試しにダイソーを覗いてみたのですが、1フロアーあり、売っているものもすべて同じでした。でも日本円にすると120円ぐらいになるから、日本よりはちょっと高いですね。
数時間しか経っていないのに、ここは日本!?と思うくらい台北は何の違和感もなくすぐに馴染めてしまっていました。
a0042271_235616.jpg
a0042271_263527.jpg
1時間ほどふらついてからMRTに乗り、台北の渋谷と呼ばれる西門へ行きました。
電車を降り、路上に出て目にした光景はまさに渋谷!通りの創りも何もかもがそっくり。
店はあるけど、イマイチ興味のわく店が全然無くてただふらついてただけでした。
お腹も空いてきたし、台湾っぽい食べ物を食べたくてうろうろ探してたら、すごい行列の店があり、なんか気になったので私もそこに並んでみました。
並んでいるわりにどんどんと進んでいきました。すると、1人のおじさんがどんどんと注文を聞いているのですが、私の番になり、なんか聞いてるけど北京語で聞かれても分かんな~い・・・(>_<)
えっ?て顔をしたら器を指して、ここのメニューは1種類しかなく、大か小かを聞いているらしく「small」と言ったらsmallが通じない。おじさんはお皿でサイズを確認して、なんとか通じました。
バス停探しの時といい、このおじさんといい、英語通じなさ過ぎじゃない?(^_^;)
a0042271_27633.jpg
a0042271_274189.jpg
台北でこんなにも英語が通じないなんて思いもしませんでした。でも考えてみれば、日本でも同じ現象だから、こんなところまで似ているんだなぁと思いました。
それはさておき、お会計後はみんな店の前で立ち食い。私も混じって食べました。
味はにゅー麺みたいな感じで、ダシも効いていておいしかったですよ。値段ははっきり憶えていないのですが、200円しなかったと思います。
上に乗っている薬草は、今まで食べた覚えが無いので分からないのですが、コリアンダーなんでしょうか??
とにかくこれだけはメッチャまずかったです。
食べた後ちょっとふらついて、次の日も5時起きで早いのでバッパーに戻りました。
部屋に荷物を置いてバス停を聞こうと降りていったら、リビングに人がいたので知ってるかなぁと思って聞いたら、一人の女の子も分からなくてちょうど矢澤さんに聞いたらしく教えてもらいました。やっぱりあの女の子達が言ってたのは合ってました。あと数十メートルのところで私は引き返していたようです。
その後、みんなで今回の台北での体験談や今までの旅話や地元話などして、すっごく楽しかったです。
「ここであったのも何かの縁なので、みんなで写真撮りませんか?」と言って記念に撮らせてもらいました。
「じゃあ、僕もいいですか?」って結局みんな撮ってました。結構会社に内緒で来ている人も何人かいて、写真アップはNGなんですけどね。
気づけばもう12時。私は先に失礼し、12:30am過ぎに寝ました。
そう言えば、みんなで話をしていた時一人の男性が
「今日見ましたよ。」「どこで?」「電車で。僕は隣の駅から乗ったけどね。」
「・・・・・あ~~!もしかしてガイドブック手に持ってた?」「うん。」
「何で声かけてくれなかったの~。すっごく気になってたんだから~。」

と、その時の状況をみんなに話したら笑ってたけど
「こんな近くにいたね。でもよかったね。誰か分かって。」
ということで、電車で会った彼は、このバッパーに着いた時に話していた
名古屋出身の人でした。

by saladman | 2010-03-10 02:27 | のもちゃんの時間 | Trackback | Comments(0)